プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

契約農家のおいしい新鮮な食材や
芦屋モノリススタッフやお店の様子を
どんどん紹介していきたいと思います!皆さん興味をもたれたら是非足を運んでください!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | STAFF紹介 »

2008年1月 9日 (水)

芦屋モノリス紹介

初ブログですshinedash

まず最初は芦屋モノリスの歴史をお伝えしたいと思いますsign01

芦屋モノリスは昭4年に設立された逓信省でした。

sevennine

逓信省といってもピンflairと来ないかもしれませんが、

芦屋住民が昔から愛され続け利用されてきた電話局だったのですbuilding

昔の写真がたくさん出てきまして、今は額に入れて個室にに飾っております。

ここが芦屋モノリスのエントランスです。


もともとの電話局だった時の入り口は今はこうなっています。


今は国の保存建築として指定されています。
国が建てた物と言うことで一つ一つがすごく贅沢な造りになってます。

例えば・・・

これがスクラッチタイルという手焼きの煉瓦。

驚きなことにこれらの縦線は職人が一本一本手作業で入れていったものだそうですsweat01気が遠くなりそうですねぇ~sweat02

それから使われている石は御影石を使用しています。

そして旧エントランスの両サイドには掲示板があるのですが

なんと大理石で出来ていますshine

すばらしい・・・impact
戦時中や震災にも煉瓦一つ落ちることなく建ち続けたそうですdashdash

何といっても注目すべきはこの建築技法sign01
現代建築ではなく近代建築技法でアール・デコと言います。
アールデコは流線型やジグザグ模様など直線と円弧を組み合わせた
デザインが特徴です。
店内のいたるところにそれらが見受けられます。

建築雑誌に載ったり建築家の方々がわざわざ足を運ぶほど貴重な存在なのです。

また芦屋モノリスはレストランだけでなく
土日祝日は結婚式をやっていますnotes

これが当店自慢の水上グラスチャペル

上の格子型の窓から光が差し込みshineのバージンロード
出来上がりますshineshine


そして披露宴会場

もちろんレストラン宴会等でもご利用いただけます。


書き出すともっともっと長くなりそうなのでこの辺で・・・sweat01


お越し頂いた時に是非ご自身の目で芦屋モノリスの
魅了をお確かめ下さい♪

古き良き素晴らしい所を残しつつ、モダンに生まれ変わった
芦屋モノリスで素敵な食事を・・・barshinebar


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567903/28555849

芦屋モノリス紹介を参照しているブログ:

コメント

☆水上グラスチャペル☆

素敵すぎ~

☆去年行ったときには煉瓦の線にまで目がいきませんでした。今度行ったときには、よく観察してみたいと思います。煉瓦造りの建物にはコンクリートのような無機質じゃない暖かさがあって良いですね。

◇ランチ、美味しかったです。

★店も料理もとても気に入っています。また機会を作って是非行きたいと思っています。

元町子さん

夜のチャペルは昼とはまた違って
ライトアップやイルミネーションがあって
幻想的ですよ!☆

大目付さん

ありがとうございます!
そう言って頂けると本当にうれしいです。
またいらっしゃった時は是非、仰ってくだされば
館内案内をより詳しくご説明をさせて頂きますね。

お待ち申し上げております。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ASHIYA MONOLITH 〜芦屋モノリス〜 旧逓信省芦屋別館 のサービス一覧

ASHIYA MONOLITH 〜芦屋モノリス〜 旧逓信省芦屋別館
  • TEL050-3477-5507